【オンラインツアー】ノボシビルスク動物園・マヌルネコ編

マヌルネコONLYの配信です!!!

今回は大人気のもふもふなマヌルネコをとことん1時間張り付いて配信いたします。
ずっーとマヌルネコの出待ちができる方、画面に張り付いてご覧ください。
ノボシビルスク動物園は獣舎一体型となっているため、動物が獣舎よりでてこない場合もございます。
マヌルネコの気分次第です!!!

【開催日時】
2021年6月19日(土曜日)日本時間 17:45 ~ 18:45

【ツアープログラム】
担当者挨拶・マヌルネコ舎
ノボシビルスク動物園特製マヌルネコ卓上カレンダー2022年の紹介

【集合場所】
17:45 パソコン・スマートフォンの画面前(17:40~順次入室可能)
無料オンライン会議システムzoomを利用します。
※ツアー開始前に申込者メール宛にZoomリンクをお送りいたします。

【チケットについて】
外部サイトより有料チケットを販売いたします。
また、エサ代寄付チケットも販売して動物園に寄付させていただきます。

動物園内はとても緑がいっぱいで
敷地が大変広いです。

配信時の様子です↓

マヌルネコのエサ代を寄付しました。
現地スタッフのみなさん
特製マヌルネコ卓上カレンダー2022の紹介
オンラインツアーの主役グリン氏

【注意事項】
・オンラインツアー中は、音はミュート、ビデオはオフでお願いします。
・現地からの配信となるため、通信状況によっては映像が乱れる場合があります。
・カメラマンは素人であり、機材もスマホとジンバルのみで対応しておりますので、どうぞあたたかくお見守りください。
・ノボシビルスク動物園は、獣舎一体型となっているため、動物が獣舎より出てこないこともあります。
・エサをやる場面について、マヌルネコのエサはひよこやマウス丸ごとや肉片などを与えます。
 人によっては不快感や受け付けない光景となりますので事前に覚悟の上ご覧ください。
・zoomのURLの転送、視聴中の録画は禁止とさせていただきます。
 スクリーンショットは許可いたしますのでSNS等で発信していただければ幸いです。
 その際には #札幌ノボシビルスク協会 のタグをお願いします。

【お申込み方法】
会員の方は事務局あてにメールでお申し込み下さい。

会員以外の方は下記の申し込みサイトからお願いいたします。
申し込みサイトへ(外部サイト)

【オンラインツアー】ノボシビルスク動物園ツアー

オリジナルグッズをGETしよう!!!

今回のツアーでは動物園内にある数ケ所のおみやげショップをのぞいてみます。
どんなグッズが売っているのかな?
欲しいグッズがありましたらその場で代行して購入いたします。
ココにしかない、今しか売っていないオリジナルグッズをGETするチャンスです!

【開催日時】
2021年6月5日(土曜日)日本時間 11:00 ~ 12:00
【ツアープログラム】
担当者挨拶・ノボシビルスク動物園の紹介・ショップ巡り・オリジナルグッズ紹介
【集合場所】
11:00 パソコン・スマートフォンの画面前(10:55~順次入室可能)
無料オンライン会議システムzoomを利用します。
※ツアー開始前に申込者メール宛にZoomリンクをお送りいたします。
【グッズ販売について】
ショップは園内に何ケ所があります。
売っているものも違いますので、どんなステキな宝物があるかドキドキです。
料金は日本円で提示いたします。
購入希望の方はチャットでお申し込み下さい。
提示する料金は商品価格+関税+日本までの送料の合計となります。
日本に到着しましたら購入者の方へご連絡いたしますので、その時点で料金と日本国内の送料をお振込み下さい。
《国内送料について》
購入の少ない方(マグネットやバッチなど)にはレターパック(370円又は520円)で、少し購入数が多い方にはゆうパック(600円~1700円くらい)で送ります。

ユキヒョウのトートバック
マヌルネコのバッチ
ホッキョクグマのマグネット
動物園内はとても緑がいっぱいで
敷地が大変広いです。
マグネットが並んでいます。

【注意事項】
・現地からの配信となるため、通信状況によっては映像が乱れる場合があります。
・ショップからショップへ移動する際に動物達も配信する予定です。
・ノボシビルスク動物園は獣舎一体型となっているため、動物が獣舎より出てこないこともあります。
・zoomのURLの転送、視聴中の録画は禁止とさせていただきます。
ただし、スクリーンショットは許可いたしますのでSNS等で宣伝していただければ幸いです。
その際には #札幌ノボシビルスク協会 のタグをお願いいたします。
・購入された商品はロシアから通常郵便で日本まで送られます。海外からの発送のため、かなり日数がかかることをご了承下さい。
・購入された商品の転売は禁止です。
・ショップのグッズの在庫が少なく、希望者すべての皆さんにご購入いただけない場合もありますのでご了承下さい。

【お申込み方法】
会員の方は事務局あてにメールでお申し込み下さい。

会員以外の方は下記の申し込みサイトからお願いいたします。
申し込みサイトへ(外部サイト)

シベリア北海道文化センター主催  

【オンラインクリスマス会】LIVE中継

配信の様子はこちらです。 ↓ ↓ ↓

Zoom画面
会場の様子
ギター演奏
ピアノ演奏
優勝者へしょう油の贈呈

優勝者へそばの贈呈

シベリア北海道文化センターで日本語を学習しているみなさんが多目的ホールに集合して、クリスマス会を開催しました。
日本側の参加者とZoomでつないで交流いたしました。

主催:ノボシビルスク市シベリア北海道文化センター
共催:NPO法人札幌ノボシビルスク協会

☆☆プログラム☆☆

・ 開催のあいさつ
・日本側参加者の自己紹介
・日本のクリスマス&お正月を知るクイズ
・ ロシア側による楽器演奏
・ ジェスチャーゲーム
・ダンスコンテスト

優勝者への景品

日本からの問題は難しかったでしょうか?
ロシアと日本のクリスマス&お正月は違うことがたくさんありますね。
異文化を知ることは楽しいです。

ジェスチャーゲーム
ロシアのみなさんがグループごとにジェスチャーをして、日本側参加者が当てるのですが、なかなか難しかったです。
たとえば、
「初めてワサビを食べて驚くチェブラーシカ」
「スーパーのレジに並ぶハチ公」
「海苔で鶴を折っている」
など、文章で答えるのです。
ヒントをもらってなんとか回答できました!

ダンスコンテストの景品は
そば、しょう油、しじみの味噌汁、カップ麺、カレールウ
きっとロシアのキャビアよりも貴重で嬉しい日本食品だったのではないでしょうか?

ロシアのみなさんと同じ時間を共有できた楽しいひと時でした。
次回はリアル交流をしましょう!!!

姉妹都市提携30周年記念【日本語弁論大会inシベリア】  

【日本語弁論大会inシベリア】 LIVE中継

配信の様子はこちらです。 ↓ ↓ ↓

司会のリュドミーラさん
会場の様子
オンラインでの審査員達
日本側視聴者と出場者との交流会
スピルドノフ館長から優勝者に賞状と景品

参加者全員へオリジナルTシャツ

日本語を学習しているシベリア地域のロシア人達が日本への“想い”を日本語で発表いたします。
中高生部門・大学生部門・社会人部門に分かれます。
大学生部門をノボシビルスクの会場から生中継いたします。

主催:ノボシビルスク市シベリア北海道文化センター
共催:在ロシア日本大使館・NPO法人札幌ノボシビルスク協会
協力:札幌市

☆☆おすすめポイント☆☆

・ ロシア人は日本に対してどのような印象があるのだろう?
・何をテーマに語ってくれるのかしら?
・一生懸命に語る姿を応援したい。
・ 無料オンライン会議システム「Zoom」を利用します。
・ パソコンまたはスマートフォンからどこからでも気軽に参加可能です。

2019年の日本語弁論大会の様子

オンラインLIVE中継「日本語弁論大会inシベリア」
開催日 2020年10月17日(土) 日本時間16:00~17:30

【プログラム】
開会の挨拶
札幌市長挨拶
NPO法人札幌ノボシビルスク協会理事長挨拶
日本語弁論大会開催
審査
審査発表・賞状授与
閉会の挨拶 

【LIVE中継集合場所】
    15:50 パソコン、スマートフォンの画面前
(16:00に始まりますので、開始前にZoomにお入り下さい)
 無料オンライン会議システムZoomを利用します。

<ご注意>
・良好なインターネット環境のもと、画質や音質を少しでも良くするため、パソコンのご利用をお薦め致します。
・当日、Zoomではご参加の皆さまはミュート設定となります。
・お申込み後の応援チケットの返金は対応しておりませんのでご了承ください。

【お申込み方法】
下記の申し込みサイトから↓↓↓ 終了いたしました。
申し込みサイトへ(外部サイト)


【オンラインセミナー】ロシア人講師から学ぶ ≪ロシア文化を知るセミナー・イコン編≫   

ロシア文化を知るセミナー・イコン編

オンラインセミナーの短縮版動画ができました↓↓↓↓↓

ロシア観光旅行のプログラムには必ずと言っていいほど「ロシア正教の教会見学」が含まれています。
教会の中にあるたくさんのイコンに圧倒された方もいらっしゃるでしょう。
これからロシアを訪問する方には事前学習としてご視聴いただければ幸いです。

「イコン」とは何でしょう?
辞書には「聖像」「聖画像」といった訳語が載っています。
「イコン」の歴史や時代背景、その時代ごとの特徴についてや美術作品としての絵画との違いなど、ロシア文化の象徴ともいえる「イコン」についてロシア人講師がわかりやすくレクチャーいたします。
逆遠近法の説明といった、皆さんの好奇心をくすぐる刺激が満載です。
どうぞお楽しみに!!!

☆☆セミナーのおすすめポイント☆☆

・ 日本語堪能なリュドミーラさんがイコンについて説明いたします。
・アレクサンドル・ネフスキー大聖堂からLIVE中継いたします。
・ロシア文化の象徴であるイコンの歴史や特徴について勉強します。
・ 無料オンライン会議システム「Zoom」を利用します。
・ パソコンまたはスマートフォンからどこからでも気軽に参加可能です。

セミナー名「ロシア文化を知るセミナー・イコン編」
開催日 2020年9月25日(金曜日)日本時間 19:00~20:00  終了

【ツアープログラム】
担当者挨拶
アレクサンドル・ネフスキー大聖堂からLIVE配信、外観を見学します。
リュドミーラさんによる「イコンについて」のセミナー開始。
質疑応答&フリートークタイム(自由参加)

【ツアー集合場所】
    19:00 パソコン、スマートフォンの画面前 (18:55~入室可能です)
 無料オンライン会議システムZoomを利用します。

<ご注意>
・良好なインターネット環境のもと、画質や音質を少しでも良くするため、パソコンのご利用をお薦め致します。
・当日、Zoomではご参加の皆さまはミュート設定となります。
・お申込み後の応援チケットの返金は対応しておりませんのでご了承ください。

【お申込み方法】
会員の方は事務局あてにメールでお申し込み下さい。

一般の方は、下記の申し込みサイトから 終了しました
申し込みサイトへ(外部サイト)


沿革

2004年札幌・ノボシビルスク友好交流協会設立(会長・千葉裕子)
ノボシビルスク市制111年記念行事参加
2005年札幌ノボシビルスク姉妹都市提携15周年行事参加
2006年日本語集中講座講師派遣・シベリアツアー実施
国立音楽院(通称グリンカ音楽院)の創立50周年祝賀会参加
「シベリア通信」スタート
2007年西シベリアにおける第1回日本語弁論大会審査員
2008年ノボシビルスクからの修学旅行生と交流会
2009年生け花講師、料理教室講師をノボシビルスクへ派遣
2010年札幌ノボシビルスク姉妹都市提携20周年行事参加
2011年シベリアツアー実施(ノボシビルスク・トムスク・オムスク3都市ツアー)
2012年ノボシビルスクからの修学旅行生との交流会
切り絵講師を派遣
2013年サンクトペテルブルクとバルト3国ツアー実施
2014年ノボシビルスクからの修学旅行生と交流会
2015年シベリアツアー実施
日本語教師、切り絵講師を派遣
2016年特定非営利活動法人札幌ノボシビルスク協会の組織変更
(略:NPO法人札幌ノボシビルスク協会)
ノボシビルスク国立美術館にて「書道展・墨魂」開催
第4ギムナジウム学校にて「さっぽろ祭り」
シベリア文化センターにて書道ワークショップ
2017年国際交流イベント「みんなで歌おう!懐かしのロシア民謡」開催
ノボシビルスク国立美術館にて「ネオメッドジャポニカ帯展」開催
ノボシビルスク国立工科大学・国立経済経営大学にて「ビジネスマナーセミナー」
シベリア文化センターにて「和紙によるコラージュ作品」ワークショップ
ノボシビルスク教師訪問団受入れ事業
2018年日本外務省認定「日本フェスティバルinシベリア」開催
ノボシビルスク国立工科大学・トムスク大学にて生け花セミナー及びビジネスマナーセミナー
シベリア文化センターにて生け花ワークショップ
シベリア鉄道とオムスクツアー実施
ロシア3大都市巡りツアー実施(モスクワ・サンクトペテルブルク・ノボシビルスク)
2019年

ノボシビルスク州・トムスク州認定「日本フェスティバルinシベリア」開催
ノボシビルスク国立工科大学・トムスク大学他にて生け花セミナー
シベリア文化センターにて生け花ワークショップ・茶道デモンストレーション
ノボシビルスク動物園ツアー実施
バルト3国の旅実施
ノボシビルスク札幌中高生交流受入れ事業
2020年オンラインツアー実施
「ノボシビルスク動物園ツアー・ホッキョクグマ編」
「オンライン特別編・イリーナとタリンの街歩き」
「オンライン・ノボシビルスク街歩きツアー」
「ノボシビルスク動物園ツアー・マヌルネコ編」
「ロシア文化を知るセミナー・イコン編」

シベリアのホテル情報

【ノボシビルスク市内のホテル】

ノボシビルスク市内のホテルで、実際に宿泊した感想も加えながらご紹介いたします。料金は変動していますので参考として記載します。

【DOUBLE TREE BY HILTON】ダブルツリーバイヒルトン

オペラバレエ劇場から徒歩5分
ノボシビルスク市内では2番目に料金が高いホテルです。
シングル朝食付き1泊8,000円~。
フロントのサービスはしっかりしていましたが、ビジネス客やロシアの団体客が多く、チェックインが混む時間帯はフロントのカウンターにパスポートを差し出して横入りする人が多かった。セミナーの会場になっており、招待客が多いようです。
部屋は文句なしの快適な空間です。
バスタブのほかにシャワールームもありました。

【MARINS PARK HOTEL】マリンズパークホテル

シベリア鉄道が停車する「ノボシビルスク鉄道駅」の向かい側にあります。
地下鉄駅もすぐそばにあり、ロケーションは抜群です。
シングル朝食付き6,000円~。
ホテルの部屋はオビ川とノボシビルスク鉄道駅が見える部屋と、街が見える部屋があります。前者の部屋からは夕暮れのオビ川がとてもきれいに見えますのでおすすめです。
朝食会場ではピアノ生演奏があり、朝から優雅な気分で1日がスタートします。
ロビーも広々としていて、1階には人気のレストランが入っています。

【RIVER PARK HOTEL】リバーパークホテル

市内中心部からは少し離れたオビ川を沿いに建つホテルです。
地下鉄駅からは歩きますので車移動がメインの方にはおすすめです。
ホテルの周辺は市民の憩いの場である公園や遊歩道があり、お散歩に最適です。
フロントのサービスもよく、部屋も清潔で料金も格安です。
シングル朝食付き1泊5,000円~。

【DOMINA HOTEL】ドミナホテル

イタリアのホテルチェーン。
シングル朝食付き1泊8,000円~。
「アジムットホテル」のすぐ隣にあり、幹線道路沿いですが騒音は気になりません。
エントランス、ロビー、廊下、お部屋からレストランまでモダンなインテリアがとても素敵です。
バスタブがとても大きくてびっくりしました。
ルームサービスも迅速で、レストランよりも価格が安く出来立てのおいしい料理がお部屋で食べられました。

【AZIMUT HOTEL】アジムットホテル

圧倒的にコストパフォーマンスが良い。
シングル朝食付き1泊6,000円~。
朝食会場のレストランのスペースが広く、ゆったりと食事ができます。
部屋のアメニティもそろっています。
近くにはスーパーやレストランも多いですが、地下鉄駅からは少し歩きます。

【MIROTEL HOTEL】ミロテルホテル

市街地からオビ川を渡った左岸にあり、地下鉄「Площадь Маокса」(プロシャジ マルクサ)から徒歩1分。
シングル朝食付き1泊7,000円~。
セキュリティーがしっかりしており、各フロアーに入るためにもルームキーでのドア解除が必要です。
ブルーを基調としたデザインがオシャレなホテルです。
フロントやレストランのサービスが素晴らしいです。

【PARK INN BY RADISSON 】パークインバイラディソン

ノボシビルスク鉄道駅から徒歩3分、線路に近い立地にあるため、シベリア鉄道が見える部屋もあります。
シングル朝食付き1泊7,000円~。
チェックインの際に、部屋の冷蔵庫のデポジットを要求されますが、使用しない旨を伝えると、冷蔵庫をロックしてくれます。
朝食のクオリティが高くて、朝からパワーが出ます。
シャワーのみでバスタブはありません。

【ATERRASUITE HOTEL 】アテラスイートホテル

地下鉄「Гагаринская」(ガガーリンスカヤ)から徒歩3分。
わかりにくい場所にあります。
ホテルの入口も狭く、スロープも実用性が全くない。
シングル朝食付き1泊5,000円~。
とても安づくりの建物で、アメニティグッズも品質が悪いです。
支払いのレシートにWiFiのパスワードが書いてあるのですが、わかりにくいです。
バスタブのある部屋は角部屋の6部屋のみ、朝食会場は朝7時30分OPENなので早く出発する人には不便です。
おすすめできる要素は何もありませんが、一応紹介しておきます。

生け花ワークショップ

「日本フェスティバルinシベリア」のプログラムのひとつである生け花ワークショップの様子をご紹介いたします。
ノボシビルスクとトムスクの2ケ所で開催しました。

基本的なお花の活け方を大森千穂子フラワーアカデミー代表の大森先生がレクチャーします。そのあと、ロシア人のみなさんが実際に活けてみます。

日本人の師範の方達が一人一人丁寧に指導してくださいました。

ノボシビルスクのシベリア文化センター多目的ホールには60名の方がワークショップに参加しました。
日本から来たお花の先生達に直接指導してもらうことができるし、お花も無料でもらえるのですから日本に興味のある人だけではなく、お花が好きな人や新しいことにチャレンジしてみたい人などが集まりました。
毎年、生け花ワークショップはSNSで参加者を募集するとすぐに定員に達します。

みなさん、真剣な眼差しで活けています。
基本をしっかり踏まえた上で個性的な作品を仕上げていました。
お上手でした!!!
ロシア人の方は片言の日本語や英語で、
日本人の師範達は片言のロシア語や英語、ジェスチャーでコミュニケーションをとりながら笑顔で楽しんでいました。
微笑ましい光景があちこちで

ノボシビルスクのお花市場(卸売り市場)にはたくさんの綺麗なお花が並んでいました。日本では見たことにない切り花もありました。

生け花デモンストレーション開催

ロシアの色鮮やかな大きな花と日本から持参した和紙や竹、風呂敷などの和素材とのコラボレーションで素晴らしい生け花作品が完成いたしました。
トムスクでは、植物園の立派な花や枝を寄贈いただき、初めて出会う植物もあり、創作意欲がかきたてられて楽しい生け花をお見せできました。

書道展「墨魂」

2016年10月、ノボシビルスク国立美術館にて初めての書道展「墨魂」を開催いたしました。札幌市の書道家長谷川悠貴氏による個展です。

オープニングセレモニーには200名ほどが集まり、書道への関心の高さがうかがえました。初めて観る書道パフォーマンスには会場から大きな拍手が沸き起こり、ロシア語で心を意味する「Душа」(ドゥシャー)と、ひらがなで「こころ」をたくさん書いた作品に観衆は魅了されました。

ロシアの国立美術館という格式の高い場所での展覧会ということもあり、かなりの準備をしていたのですが、現地到着ですでにトラブルに巻き込まれ、会場設営に手間取り、現地で作品を作るという、スーパーハードなスケジュールでした。
書道家本人の頑張りと現地のスタッフの協力のおかげで、素晴らしい事業になったことをご報告いたします。

ノボシビルスクでの様子をブログにUPしておりますので、こちらをどうぞ。
「ノボシビルスク到着&トラブル編」
「書道展準備編」
「書道展オープン」