生け花ワークショップ

「日本フェスティバルinシベリア」のプログラムのひとつである生け花ワークショップの様子をご紹介いたします。
ノボシビルスクとトムスクの2ケ所で開催しました。

基本的なお花の活け方を大森千穂子フラワーアカデミー代表の大森先生がレクチャーします。そのあと、ロシア人のみなさんが実際に活けてみます。

日本人の師範の方達が一人一人丁寧に指導してくださいました。

ノボシビルスクのシベリア文化センター多目的ホールには60名の方がワークショップに参加しました。
日本から来たお花の先生達に直接指導してもらうことができるし、お花も無料でもらえるのですから日本に興味のある人だけではなく、お花が好きな人や新しいことにチャレンジしてみたい人などが集まりました。
毎年、生け花ワークショップはSNSで参加者を募集するとすぐに定員に達します。

みなさん、真剣な眼差しで活けています。
基本をしっかり踏まえた上で個性的な作品を仕上げていました。
お上手でした!!!
ロシア人の方は片言の日本語や英語で、
日本人の師範達は片言のロシア語や英語、ジェスチャーでコミュニケーションをとりながら笑顔で楽しんでいました。
微笑ましい光景があちこちで

ノボシビルスクのお花市場(卸売り市場)にはたくさんの綺麗なお花が並んでいました。日本では見たことにない切り花もありました。

生け花デモンストレーション開催

ロシアの色鮮やかな大きな花と日本から持参した和紙や竹、風呂敷などの和素材とのコラボレーションで素晴らしい生け花作品が完成いたしました。
トムスクでは、植物園の立派な花や枝を寄贈いただき、初めて出会う植物もあり、創作意欲がかきたてられて楽しい生け花をお見せできました。

書道展「墨魂」

2016年10月、ノボシビルスク国立美術館にて初めての書道展「墨魂」を開催いたしました。札幌市の書道家長谷川悠貴氏による個展です。

オープニングセレモニーには200名ほどが集まり、書道への関心の高さがうかがえました。初めて観る書道パフォーマンスには会場から大きな拍手が沸き起こり、ロシア語で心を意味する「Душа」(ドゥシャー)と、ひらがなで「こころ」をたくさん書いた作品に観衆は魅了されました。

ロシアの国立美術館という格式の高い場所での展覧会ということもあり、かなりの準備をしていたのですが、現地到着ですでにトラブルに巻き込まれ、会場設営に手間取り、現地で作品を作るという、スーパーハードなスケジュールでした。
書道家本人の頑張りと現地のスタッフの協力のおかげで、素晴らしい事業になったことをご報告いたします。

ノボシビルスクでの様子をブログにUPしておりますので、こちらをどうぞ。
「ノボシビルスク到着&トラブル編」
「書道展準備編」
「書道展オープン」

訪問団歓迎会(ピロシキパーティー)

「日本フェスティバルinシベリア」やその他のイベントに参加するため、ノボシビルスクを訪問する団体を歓待してくれます。
シベリア北海道文化センターの多目的ホールで日本語を学習しているロシア人のみなさんや、大学の日本語教師、ノボシビルスク在住の日本人のみなさんなどが招待されます。

歓迎会のプログラムは、ノボシビルスク市文化局、国際部の担当者、シベリア文化センター館長、当協会理事長の挨拶があり、ノボシビルスク側からの発表、日本側からデモンストレーションなどです。
ノボシビルスク側からはロシアの歌、詩の暗唱やダンスなど、日本側は生け花を使ったパフォーマンスや踊りを披露しました。

テーブルいっぱいに料理が並べられ、楽しい雰囲気でパーティーが進行します。
ロシア人のみなさんは、今まで学習してきた日本語を一生懸命に話していて、それを丁寧に聞いてくれる訪問団員たち。片言の日本語でも熱意がとても伝わり温かな交流が始まります。
異国を知ることで視野が広がります。相手を知ることで理解が深まります。
国際交流事業にどうぞご参加ください!

オンラインツアーお申込みフォーム

このページの説明文章 このページの説明文章 このページの説明文章
※申込フォームを送信された時点では予約は完了しておりません。
予約の可否は弊社にメール着信後、回答させていただきます。




7月11日(土) ノボシビルスク動物園ツアー8月23日(日) シベリア鉄道駅ツアー